Iさん
20代の女性ですが、護身術って意味ないですよね?
くらた
なぜ、そうおもわれるのですか?
Iさん
彼が暴漢役になって、習った技を試したのですが、彼の方が強くて逆にやられてしまいました・・
くらた
どんな技を習ったのですか?
Iさん
私に手を出してきた暴漢者の指を掴んで捻り倒すような感じの技です
くらた
なるほど!それは難しいですよね。しかし女性の人でも使える護身術はありますよ

某護身術教室で習った技を彼に試した結果やられてしまったことで「女性には護身術は役に立たない」と疑問を抱いた方へ「女性でも使える護身術はあるのですよ」ということを説明しました。

小柄な女性でも確実に使える護身術はある

私の指導方針は、「小柄な女性やメタボ体質の中高年男性など身体的ハンディがある人でも、確実に身の安全を守ることができるようになれる」ことに特化した護身術を正確に習得してもらうこと!です。

なぜ女性でも護身術を正確に習得できるのか?

なぜ、私がそのような指導方針へ自信を持って断言できるかという理由を説明します。

私は前職で『SPジャパン』という会社を経営していました。この会社は一般人の間で、すでにトラブルが生じている緊迫した現場に同行するという用心棒のような仕事でした。

その仕事は日常的に“暴力沙汰”“刃物沙汰”に発展していました。私は警察官ではないので拳銃や手錠を装備できません。

それでも大切なクライアントを守らなけらばなりません。

とくに激高した相手が多く気が狂ったように暴力に訴えてきました。私は警察官のような装備がなくても、その暴力を制するための手段を現場の中で実践してきました。

このように前職で得た体験私の育った環境で得た経験をもとに“現実の暴力を正確に伝え、その暴力から身を守るための方法”を教えているのです。

また私自身も体が小さく力も普通の男性のようにありません

ですから現場でも小柄だとか力が弱いなどに関係なく「暴力を制する為の工夫をして対応してきました」

イメージ的にはナインティナインの岡村さんのような体型です^^

だからこそ自信を持って「小柄な女性でも確実に使える護身術を習得してもらうことができる!」と断言できるのです。

私、蔵田のプロフィールはこちらからご覧ください。

しっかりと教わる先生を選ぶ

教える先生によって教室の内容が異なります。そこで注意していただきたい点を質問者さんへ教えました。以下の通りです。

  • 先生の経歴を調べる
  • 見学と体験に行く

まず先生の経歴を調べて、武道や格闘技をもとにした護身術である場合は電話でこのように質問をして下さい。

「先生の護身術は武道や格闘技がベースになっているのですか?」

この質問に対して「そうですよ!」という回答が会った場合は、やめておいた方がいいです。

見学に行って確かめること!

次に見学か体験へ行った時に確かめることをアドバイスしました。

  1. 知識や心構え、事前準備の講義がない
  2. 技術指導が中心
  3. 素手で暴漢を制圧する技術だった
  4. 動きやすい服装で練習をしていた

「知識や心構え、事前準備の講義はなく技術指導が中心の場合や、素手で制圧する技術練習を行っていたり、靴もはかず普段着以外で練習をしている教室は残念ながら女性が確実に使える護身術ではありませんとアドバイスしました。

その訳は、現実では靴を履いてバッグなどを持ち、動きにくい恰好でいる場合がほとんどだからです。また本気で暴力に訴えてくる人間に対して素手で制圧などしようとしても不可能です。それ以前に知識や心構え、事前準備などが重要なのです。

理不尽な暴力を女性が制するには

武道や格闘技をベースにした護身術では、現実に起こる暴力を制することはできません。その理由は武道や格闘技の強さは競技上の強さであり、ルールがない暴力に対しては通用しないからです。

理不尽な暴力を女性が制するには、現実の暴力をちゃんと知ることからはじめて、普段の心構えと事前準備等を整えることが第一です。

  • 危険を察知する能力を磨く
  • 暴力という恐怖を知る
  • その恐怖を乗り越える訓練する
  • 暴力に備える準備をする
  • 盾や武器に変わる身の回りのものを準備する
  • 逃げるチャンスを作る為の訓練
  • 110番通報の仕方

このように心構えと事前準備で暴力に対する備えができます。その上で「どういう方法で小柄な女性が暴力を制するのか」という具体的な方法を教えます。

これ以外に、もっと伝いたいことがあったのですが、かなり時間が長くなるのでピンポイントで答えました。

女性でも理不尽な暴力を制する護身術は存在します。

もし他の護身術教室で納得できないと感じた女性の方は、日常の中での『暴力に対する護身の力』が身につく、当教室の体験レッスンにお越しください。

体験レッスンに参加するだけでもたくさんの学びがありますよ。
詳しい教室案内は⇒⇒こちらからどうぞ!!


 現実で起こる犯罪や暴力トラブルに対し、
 いつ他人から危害を加えられても、それを
 自分で制して身の安全を守ることができる

 熊本UKT護身格闘術教室
 お問い合わせや体験ご希望の方は
 こちら↓↓からどうぞ!!


 

 電話でのお問い合わせ 

 
 月曜日が「格闘術」の練習日 
 ※月に3回(第3週目は休み)
 火曜日が「護身格闘術」の訓練日 
 ※月に4回

 場所:熊本市中央区の体育施設
 時間:19時30分~21時30分

 振替え日:第一木曜日、第三木曜日
 振替え日の時間:
 午前、午後、夜など自由に決められます。