喧嘩で使える格闘技はどんなものがありますか教えてください。
と言う質問を頂きました。この質問に対し回答いたします。

普通は格闘技の指導者や護身術の先生はストレートに答える事はない質問です。
しかし私は質問をされた方の気持ちを十分察しましたので
ごまかすことなくストレートに答えたいと思います。

まずこの方はある格闘技をしている人からボコボコに殴られ
すごく悔しい思いをした・・
しかし相手をやり返すのではなく、喧嘩で負けた自分に悔しさが残り
どうしても強くなりたいとおっしゃっていました。

確かに男であればだれでも喧嘩で負けたら悔しいですよね。
いつか見てろ!と言う気持ちが芽生えるのは当り前の感情です。


この経験から格闘技を習って喧嘩になっても対応できる技術を学びたいと・・

だから私は素直にストレートに答えます。

それは自信を持って私が指導している格闘術です。
格闘術は日本拳法を基に技術を構成しています。



日本拳法は警察の逮捕術や自衛隊の徒手格闘術のベースになっている
日本では一番古い「総合格闘技」です。

その技術は突く、打つ、蹴る、組みつく、投げる、関節を極める、絞める・・
倒した相手にトドメを指す・・


その全ての勝敗は相手にトドメを指すまで戦うと言う
現実の暴力により近い格闘技であり日本武道です。

人間の持つ本能である殴る、蹴るを攻防の中心として組み立てられ
殴る、蹴るから組みついて投げたり絞めたりする本能の格闘技だと言えます。

・どうしても男として自分の弱さが許せない
・喧嘩で負けた敗北がイヤでイヤで悔しい

だから格闘技を習って強くなりたい!喧嘩で使える格闘技を教えてください。
と必死に訴えられたあなたは是非、格闘術を身につけてください。


そして喧嘩の道具にはせず、自分自身の本当の強さを身に付け
心の余裕を実感してください。

がんばってください。

そんなあなたを私は応援します。
いつでも私の格闘術が学びたければお答え致しますので
メッセージをください。


これが男同志としてストレートに答える私の気持ちです。


      ===============================
        ★感想やご質問があればお気軽に
        下記のフォームよりお問い合わせください★

        ⇒ http://gosinkakutoh.com/l/info.html
      ===============================


 現実で起こる犯罪や暴力トラブルに対し、
 いつ他人から危害を加えられても、それを
 自分で制して身の安全を守ることができる

 熊本UKT護身格闘術教室
 お問い合わせや体験ご希望の方は
 こちら↓↓からどうぞ!!


 

 電話でのお問い合わせ 

 
 月曜日が「格闘術」の練習日 
 ※月に3回(第3週目は休み)
 火曜日が「護身格闘術」の訓練日 
 ※月に4回

 場所:熊本市中央区の体育施設
 時間:19時30分~21時30分

 振替え日:第一木曜日、第三木曜日
 振替え日の時間:
 午前、午後、夜など自由に決められます。