剣道 Our master

剣道の四戒という教えをご存知でしょうか?
今回は、この剣道の四戒について考えてみようと思います。


それでは剣道の四戒とは・・・どういうものなのでしょうか?

 ・驚(きょう)
 ・懼(く)
 ・疑(ぎ)
 ・惑(わく)

の四つを言います。
この四つを剣道修業中に、一つでも心中に起こしてはならないという戒めです。

1)驚とは
  予期しない相手の動作に驚く時には、一時心身が混乱し、正当な判断と適当な処置を失い、
  その甚だしい時は呆然自失する場合がある。

2)懼とは
  恐怖の念が一度心中に起ると、精神活動が停滞し、甚だしいものは手足がふるえ
  その働きを失うものである。

3)疑とは
  疑心ある時は、相手を見て見定めがなく、自分の心に決断がつかず、
  敏速な判断、動作ができない。 

4)惑とは
  惑う時は精神が混乱して、敏速な判断、軽快な動作ができない。

 
このように説かれています。

剣道の勝負というのは技だけではダメ、勝負は心の動きに支配される事が多い
だから相手に隙が生じても、この四戒の一つが心に起きれば、隙を見る事ができず
自ら萎縮し隙を出してしまい、相手から打たれるのだ。

驚くなかれ、恐れるなかれ、疑うなかれ、迷うなかれ

この四戒を脱することが勝負で勝ちを得るための絶対条件である。

このように剣道の戒めとして「四戒」が説かれているのですが
これは剣道修行者に限っての教えではありません。


他の武道、格闘技、スポーツにおいても大切な教えであり
私達人間の人生にも通ずつ教えであると思います。

私はこの剣道の戒め
 ・驚(きょう)
 ・懼(く)
 ・疑(ぎ)
 ・惑(わく)
を思慮深く(物事を注意深く、十分に考える)精神を養うよう
人生そのものに活かし修練すべきだと思います。

この世知辛い世の中で生き抜くためには、このような戒めや先見の目も
必要なのではないでしょうか?


 現実で起こる犯罪や暴力トラブルに対し、
 いつ他人から危害を加えられても、それを
 自分で制して身の安全を守ることができる

 熊本UKT護身格闘術教室
 お問い合わせや体験ご希望の方は
 こちら↓↓からどうぞ!!


 

 電話でのお問い合わせ 

 
 月曜日が「格闘術」の練習日 
 ※月に3回(第3週目は休み)
 火曜日が「護身格闘術」の訓練日 
 ※月に4回

 場所:熊本市中央区の体育施設
 時間:19時30分~21時30分

 振替え日:第一木曜日、第三木曜日
 振替え日の時間:
 午前、午後、夜など自由に決められます。