新ラジオ会館に警視庁の査察



身を守る護身術を簡単に習得…とか、短期間で護身術を…とか
ナイフをもった相手には…など、実に様々なうたい文句が目につきます。
前に記事でも書いていますが、護身術を簡単に身につけることなどできないです。

今回、関係者から批判を受けるかもしれませんがどうしても黙っていられなくて
今日は、私の気持ちを正直に書きたいと思います。

よくテレビ番組で護身術の先生が出演されています。
その護身術の先生をどのような基準でテレビ局の人が選んでいるのか…

常々言っていることなのですが、武道や格闘技と現実の暴力では
全く異なる状況であるという事をしっかり理解していなければ取り返しの
つかない事態になりかねないのです。

どうしても見た目のカッコ良さとか
武道歴や格闘技歴、そしてその武道や格闘技での実績!
そういうところに信用を確信とするのが理解できません。


変な話ですが、どんなに格闘技で強くても
これまでにケンカ一つ経験がない格闘家は
街のゴロツキに本気でスゴまれたら手も足も出ないと思います。


格闘技の戦いと街のケンカは次元が違うのです。


現に私の知人で、ある格闘技の日本チャンピオンは
街でゴタゴタに巻き込まれて私に助けを求めてきました。

またそれとは逆に、小学生の子供でも大人を殺害できますし
老婆でも男性を殺害できるのです。


これは実際に起きている事件です。

これが暴力の現実なのです。


では、どんな人が本物の護身術を指導できるのか?


やはり実際に現実の暴力沙汰に関わり、暴力の真実を熟知した人。
もしくは、実際に暴力沙汰に関わってはいなくても、現実の暴力に対して
「現実離れせず」しっかり暴力について勉強と研究、そう言った人のもとで
修行や実践を積み重ねた人。

だと思います。


これはあくまでも護身術に関しての私の見解ですが
実際に体験した事のある技術でなければ、
その技術が本当に使用できるかどうかわかりません。

残念ながら、事実はそうなのです。

私の格闘術も形(かた)だけの稽古はあり得ません。
実際に色んな相手とガンガン殴り合い、取っ組み合います。
その中で本当に使える突き、蹴り、投げ、逆捕り、絞め技が生きてきます。


だから形だけを約束稽古のような形で稽古しても
実際の、ど突き合いでできるかどうかの判断はできないのです。


また護身術と名乗るのであれば小手先の技術だけを極めようとせず
暴力の恐怖とは?、どんな精神状況になるのか?、などを知ることが
最優先で、精神面や心の準備、事前準備や心得が7割です。
残りの2割が小手先の技術(対応技)、あとの1割が運なのです。



そこのところを除いては、護身術としては成り立ちません。

確かに最近の護身術指導者の方は「心構え」についても説明はされています。
しかしそれは本筋を理解したうえで説いているのではないように思えます。

誰かが護身術について、


「護身術は対応技だけではダメだ!」
「護身術には心構えが無いと使えない!」


と唱えたから、それを真似て提唱しているだけにすぎないと思います。
本当に理解して、そこの部分を説いている人はほとんどいません。

だから何を言いたいのかと申しますと…

これだけ連日、凶悪犯罪が蔓延る(はびこる)現代で
せめて護身術を指導する先生であれば、武道や格闘技の技術ではなく
現実で使える護身術を指導してほしいと願うのです。


そのためには

実際に暴力沙汰に関わってはいなくても、現実の暴力に対して
「現実離れせず」しっかり暴力について勉強と研究、そう言った人のもとで
修行や実践を積み重ねた人。


として修練してほしいと思います。


 現実で起こる犯罪や暴力トラブルに対し、
 いつ他人から危害を加えられても、それを
 自分で制して身の安全を守ることができる

 熊本UKT護身格闘術教室
 お問い合わせや体験ご希望の方は
 こちら↓↓からどうぞ!!


 

 電話でのお問い合わせ 

 
 月曜日が「格闘術」の練習日 
 ※月に3回(第3週目は休み)
 火曜日が「護身格闘術」の訓練日 
 ※月に4回

 場所:熊本市中央区の体育施設
 時間:19時30分~21時30分

 振替え日:第一木曜日、第三木曜日
 振替え日の時間:
 午前、午後、夜など自由に決められます。