喧嘩で人を殴り、しかも簡単に倒す方法を教えてほしい!
このような質問があるQ&Aにあったのですが・・
それに対する答えも数名の方が答えていらっしゃいました。

 アゴをフックで殴ると良い・・とか?
 アッパーで殴ると良い・・とか?


説明も付け加えて回答がしてありました。

たしかにこの回答の通りで人を殴り倒すにはアゴをフック、アッパーで殴る・・
倒れるのも確かです。


ただここでこんな事を書いてよいのか迷いましたが、
喧嘩で人を殴って簡単に倒す方法!と言う事なので・・
こちらの回答には、ちょっと説明が足りなかったなと感じましたので
このブログ上で書いてみたいと思い公開しました。

付け加えるならば、先手必勝で不意打ちに限ると言う事です。


格闘技のように互いに「始め!」の号令は掛かりません。
互いにこのような状況で殴り合いに発展した場合は、中々パンチは
当たりませんよ。


仮に少々パンチが当たったとしても、そう簡単に倒れません。
ですから喧嘩で人を殴って倒すためにはテクニックが必要になるのです。


それが先手必勝で不意打ちと言う先方です。
この先手必勝で不意打ちでなければ人を殴って簡単に倒す事は不可能です。


しかし、これ以上の話をここでするのは波紋を呼びますので
割愛致しますが・・喧嘩には喧嘩の勝ち方があると言う事です。


—————————————————-
※あらかじめ断っておきます。
 ここで私が喧嘩を助長しようと言うような考えは全く御座いません。
 大人の喧嘩は、ドロドロして陰険なものです。
 やらないのは当たり前の話です。


ここであえて記事にするのは、ある意味喧嘩を知らない若者が多くいます。
そしてこども時代にも喧嘩を経験する事すらなくなっています。
ようするに、ある程度こどものころに喧嘩を経験しておいた方が
大人になった時に、ルールがある喧嘩が出来るようになると思うのです。


矛盾しますが喧嘩にルールはありません。
しかし私達の時代は確かに喧嘩には、暗黙のルールと言うものがありました。
それが出来ないから簡単に殺人事件を起こすような事になるのです。

ですからここでは暗黙の喧嘩のルールと言った捉え方で見てください。
—————————————————-

以上の事をご理解いただきたいと思います。


 現実で起こる犯罪や暴力トラブルに対し、
 いつ他人から危害を加えられても、それを
 自分で制して身の安全を守ることができる

 熊本UKT護身格闘術教室
 お問い合わせや体験ご希望の方は
 こちら↓↓からどうぞ!!


 

 電話でのお問い合わせ 

 
 月曜日が「格闘術」の練習日 
 ※月に3回(第3週目は休み)
 火曜日が「護身格闘術」の訓練日 
 ※月に4回

 場所:熊本市中央区の体育施設
 時間:19時30分~21時30分

 振替え日:第一木曜日、第三木曜日
 振替え日の時間:
 午前、午後、夜など自由に決められます。