「正当防衛の範囲を考えるよりも、護身術を使わなければならない瞬間を 正しく見極め、自分や自分の大切な人を守るためには決して躊躇してはいけない。」 だから、正当防衛の範囲を考えるのではなく、護身術を正しく使うべき時を考える・・・