試合前日の食事メニューについてなのですが、まずその前に「何の競技なのか?」で食事メニューも変わってきます。しかし、ここでは護身術と格闘術に関する質問なので格闘技=(格闘術、日本拳法)に関する食事メニューと考えてお答えしていきます。

基本的に試合の規模にもよりますが、地区大会のような小さな試合の場合は
試合前日に摂る食事メニューというのは、そんなに気にしなくても良いです。
そして、大きな試合の前日は食事メニューと言うよりも自分自身の願掛け(がんかけ)
になるような食事メニューが良いと思います。

例えば、地区大会で一度も勝てなった相手に今日は勝てた。
その試合前日に食べたメニューがカツ丼だった。・・・であれば「カツ丼」を食べる。

これは試合の規模に関わらずなのですが、試合前日の食事メニューを考えるよりも食事を
摂る時間帯を考えなければいけません。

しかし、常識的に考えても「大食い」をしてはいけないという事はお分かりですよね。
「大食い」は胃に負担をかけ過ぎるだけではなく睡眠にも筋肉にも精神的にも悪い
影響を与えてしまいます。

ですから「大食い」は常識的に考えて絶対にダメ!です。

そして食事を摂る時間帯についてですが、基本的に普段の食生活も試合前日と変わらないパターンを作っていることです。

急に食事パターンを変えると身体が対応できません。
だから普段からある程度、朝食、昼食、夕食を摂る時間帯は合わせておいてください。
理想は朝食を午前9時までには済ませる。昼食は朝食後から約4時間以上あけた位に摂る。夕食は午後8時までには済ませる。

このようなパターンが理想です。

どうしても昼食と夕食の間にお腹が空いてたまらない時は、間食としておにぎりを1個
食べてください。

この理想の食事パターンを普段から心がけてください。当然、試合前日もこの普段の食事パターンを守ることです。そして食事メニューは、そんなに神経質になる必要はありませんが、胃に負担をかけ過ぎるような食事は控えてください。

そして、試合当日の朝食は必ず摂りましょう。しかし腹八分で押さえておいてください。
軽い朝食で済ませます。

以上が試合前日の食事メニューについてです。


 現実で起こる犯罪や暴力トラブルに対し、
 いつ他人から危害を加えられても、それを
 自分で制して身の安全を守ることができる

 熊本UKT護身格闘術教室
 お問い合わせや体験ご希望の方は
 こちら↓↓からどうぞ!!


 

 電話でのお問い合わせ 

 
 月曜日が「格闘術」の練習日 
 ※月に3回(第3週目は休み)
 火曜日が「護身格闘術」の訓練日 
 ※月に4回

 場所:熊本市中央区の体育施設
 時間:19時30分~21時30分

 振替え日:第一木曜日、第三木曜日
 振替え日の時間:
 午前、午後、夜など自由に決められます。