護身術教室へ通いたいと希望される方から、年齢や体力は関係ありますか?
と、このようにご相談される方が多くいらっしゃいます。

そもそも護身術教室というのは予期せぬ暴力トラブルの「イザ!」
に備えて自分自身と家族や恋人などから護る技術を習得する場所です。

この『予期せぬ暴力トラブルの「イザ!」に備える』
という事は、女性でも男性でもこどもでもおじいさんでも
老若男女に関係なく降りかかるトラブルに対処するものです。

ですから年齢や体力を気にされる方がいらっしゃいますが、
それは本来行なう護身術教室の目的を考えれば関係がないというのが
本当なのです。

また年齢や体力に関係なく暴力トラブルというのは
突然、予期せぬところから発生します。

この時護身術教室で習った小手先の技術だけを身につけていても
とっさの行動判断ができません。

護身術というのは「相手が刃物でこう来たら、こう捌いてこう捻り捕る」
などと言う簡単な技術では御座いません。


自分が置かれた状況判断、回りの状況把握、相手の目的や意図
自分自身の最終目的・・・
自分や犯罪者の心理状態なども瞬時に判断できる心構えが
第一にあって、そこからまずどう行動するか?


決断しなければなりません。


小手先の技術などは二の次、三の次なのです。


例えこどもでも逃げ切る事ができますし、
女性でもお年寄りでも逃げ切る事ができます。
事実、この類の事件が何件も発生しています。

それでは、なぜこどもや女性がそのような状況から逃げ切る事が
出来たのかと言いますと・・・

  とっさの判断力が正しかったからです。

現実に生死を分ける事件がいくつも発生しているのです。
ですから「なぜ?」生死が分かれたのかという事をよく考えて
本物の護身術教室を探す事が先です。

年齢や体力の事を理由に断る護身術教室は本当の技術では
ないと判断してください。それは格闘技教室と同じ感覚です。


少し話が脱線致しましたが


このようなことから老若男女、年齢も体力も関係なく
学べる護身術教室を探して本当の護る力、護る技術を身に付けてください。


 現実で起こる犯罪や暴力トラブルに対し、
 いつ他人から危害を加えられても、それを
 自分で制して身の安全を守ることができる

 熊本UKT護身格闘術教室
 お問い合わせや体験ご希望の方は
 こちら↓↓からどうぞ!!


 

 電話でのお問い合わせ 

 
 月曜日が「格闘術」の練習日 
 ※月に3回(第3週目は休み)
 火曜日が「護身格闘術」の訓練日 
 ※月に4回

 場所:熊本市中央区の体育施設
 時間:19時30分~21時30分

 振替え日:第一木曜日、第三木曜日
 振替え日の時間:
 午前、午後、夜など自由に決められます。