暴力からの防御方法をご紹介いたします。
暴力から防御するためには、できる限り人間が持つ反射的行動を利用しなければ
「イザ!」という暴力に対して防御することはできません。
これまでわたしが実際に暴力トラブルで得た体験から言えることです。


世間には様々な護身術が存在します。
その数ある護身術の中には、ほんとうにこんな技が通用するのかな?
という疑わしい技術も多いと感じます。


やはり実際に暴力トラブルに関わった人は少なく、
そのほとんどの技術が指導者の格闘技や武道が基になっているからです。


どうしても格闘技や武道と実際の暴力では、考え方や対処自体も異なります。


ですから体験をもとに確立された技術で無ければほんとうにその技術が
使えるのかどうか?わからないのです。


それを踏まえたうえで暴力からの防御方法をご紹介いたします。



暴力からの防御方法【とっさの受け】

1.相手に対して静止の構えを取ります。右足を前に出して構えます。
(相手に向かって「止めろ」と両手を向ける構え)


2.その構えた状態で相手が殴り掛かってくる瞬間
相手に向かって「やめろ!」という感じで両手を構えた状態から素早く突き出します。



すべての力を両手に込めて突き出します。
それによって相手の攻撃を止めます。



これが「とっさの受け」です。


しかし暴力からの防御方法を身につけたからと行ってすぐに暴力に
対応できるかというと、そうではありません。


・その前に現実の暴力とはどういうものなのか?
・人は暴力を目の当たりにするとどういった精神状態になるのか?
・暴力からの防御の後の行動は・・?


やはり心構えや事前準備、危険をいち早く察知する行動などを熟知して
護身術の技を反復練習して・・・とこのように稽古が必要なのです。


だから簡単に暴力トラブルで対処できるほど現実は甘くないと言うことを
心して取り組んでください。

もしほんとうに護身術を身につけたいと考えている方は
わたしが無料公開している護身術をご覧になってみてください。


無料公開している護身術です!!


 現実で起こる犯罪や暴力トラブルに対し、
 いつ他人から危害を加えられても、それを
 自分で制して身の安全を守ることができる

 熊本UKT護身格闘術教室
 お問い合わせや体験ご希望の方は
 こちら↓↓からどうぞ!!


 

 電話でのお問い合わせ 

 
 月曜日が「格闘術」の練習日 
 ※月に3回(第3週目は休み)
 火曜日が「護身格闘術」の訓練日 
 ※月に4回

 場所:熊本市中央区の体育施設
 時間:19時30分~21時30分

 振替え日:第一木曜日、第三木曜日
 振替え日の時間:
 午前、午後、夜など自由に決められます。