護身術の一般的な考え方は、

『どんな人でも単純ですぐに習得でき、
短期間の稽古で使えるようにならなければならない。』
と考えられています。

しかし、現実ではこのように言葉通りにはいきません。

実際に本気で刃物で襲ってくる人間は例外なく普段の稽古通りにはいきません。

「こう来たら、こうする」「こういう場合は、こうやる。」といった理屈は必ず崩れます。
それを必ず知っておいてください。

私が過去に何度もやられた経験があるから言えるのです。
その経験をもとにお話しします。

・本気で襲ってくる人間は、尋常ではない力なんです。
・本気で襲ってくる人間は、異常な執着を持って襲ってきます。
・本気で襲ってくる人間は、正常ではない行動をします。

だからあなたは・・・

瞬時になにが起こったのか絶対に理解できません。

そして、そこに隙ができます。

次に一瞬間をおいて…
その人間に対して、あなたはもの凄い恐怖に支配されるのです。
この状況を普段の対処技術だけの稽古では、対応できないのです。

だから、中途半端な「考え方=理屈」「普段の稽古の技に頼る」では必ず失敗します。
この「失敗する」ということを必ず覚えておいてください。
失敗は当り前だという考えを持つことです。

そうすれば、これまで稽古をしてきた通りにならなくても「失敗は当り前」なので
致命的な失敗を阻止することができます。
だからこそ、対処技術だけに力を注ぐのではなく
それよりも、もっともっと大切な精神的な心のトレーニングを行わなければ
絶対に、どんな素晴らしい技術も役に立たないです。

※これは私がこれまでに見を持って体得した経験談です。
これだけ毎日毎日、日本中に暴力犯罪の報道が飛び交っています。
だから、もっと真剣に暴力犯罪に対する考え方や意識を変えていかなければならないのです。

そして・・・だからこそ護身術と格闘術の両方を学ばなければならない大きな理由の一つ
とも言えるのです。

まず、護身術で正しい暴力に対する考え方と心構え、心理的トレーニング、とっさの判断力
危険をいち早く察知する技術・・・等から学ばなければいけません。

これが心構えを持つ事の重要性なのです。


 現実で起こる犯罪や暴力トラブルに対し、
 いつ他人から危害を加えられても、それを
 自分で制して身の安全を守ることができる

 熊本UKT護身格闘術教室
 お問い合わせや体験ご希望の方は
 こちら↓↓からどうぞ!!


 

 電話でのお問い合わせ 

 
 月曜日が「格闘術」の練習日 
 ※月に3回(第3週目は休み)
 火曜日が「護身格闘術」の訓練日 
 ※月に4回

 場所:熊本市中央区の体育施設
 時間:19時30分~21時30分

 振替え日:第一木曜日、第三木曜日
 振替え日の時間:
 午前、午後、夜など自由に決められます。