格闘術の防御法にもいろいろな技法がありますが、今回は受け技の一つ掬い受け(すくいうけ)を説明します。掬い受けは、相手の蹴りに対する攻撃に対して手首を屈曲させて掌で掬うようにして受ける防御法です。
掬い受けは格闘術では、頻繁に使用される防御法で掬い受けからの反撃では相手を高い
確率で倒す事ができる返し技でも多用されます。
しっかり基本を身に付けて返し技を習得してください。

【左掬い受け】

→中段の構えから相手の右蹴りに対して
1.上体を左へ捻りながら左掌を屈曲させて足首付近を掬い取ります。
しっかり相手の足を掬い取る事に注力してください。

これが掬い受けです。

まずはこの掬い受けを繰り返して練習して下さい。

2.続いて掬い受けから返し蹴りを行います。すなわち反撃法です。
  1の動作に続けて右手を上から重ねるようにしっかり相手の足を捉えます。(巴受けです)
3.それと同時に自分のお腹付近へ引きつけながら左足を右足前まで引きます。
4.すかさず引きつけた左足を揚げ蹴りへと変化させて相手の金的を蹴ります。

この2~4が巴受け~返し蹴りです。

中級者、上級者になるにつれて反撃技も倒し技を使用したり逆関節につなげたり、多様な返し技へと
つなげる事ができるようになります。
その中で今回の掬い受け~巴受け~返し蹴りが基本になる返し技になりますのでしっかり
身に付けてください。

※慣れるまではゆっくり行います。1のみを練習すると良いです。
※1に慣れてきたら、その後に2→3を加えて巴受けまでの練習をします。
※1~3の動作に慣れてきたら4を加えて、1~4を一挙胴でゆっくり行います。
※ゆっくりに慣れてきたら、1~4を一挙胴で10本を早く行います。

まずは下記の動画をしっかり見てください。
そのあとではじめはゆっくりと動作を確認して行い、感覚がつかめてきたら少しずつスピードを上げていきましょう。


 


 現実で起こる犯罪や暴力トラブルに対し、
 いつ他人から危害を加えられても、それを
 自分で制して身の安全を守ることができる

 熊本UKT護身格闘術教室
 お問い合わせや体験ご希望の方は
 こちら↓↓からどうぞ!!


 

 電話でのお問い合わせ 

 
 月曜日が「格闘術」の練習日 
 ※月に3回(第3週目は休み)
 火曜日が「護身格闘術」の訓練日 
 ※月に4回

 場所:熊本市中央区の体育施設
 時間:19時30分~21時30分

 振替え日:第一木曜日、第三木曜日
 振替え日の時間:
 午前、午後、夜など自由に決められます。