格闘術の防御法にもいろいろな技法がありますが、
今回は受け技の一つ上受け(うわうけ)を説明します。


上受けは、相手が面突きか面蹴りを撃ってくる攻撃に対して
刀拳または前腕外側で斜上外側に受けます。
上受けは初心者の時に必ず身に付けなければならない防御法の一つです。


中級者、上級者になるにつれて上受けの動作を足さばきのみで使うようになります。
ようするに受けを使わずに足さばきによって攻撃を避け、反撃に転じます。


【左上受け】
ここでは相手の面突きを想定して説明しますが蹴りに対しても同様に受けます。
1.相手の面突きに対して左の前腕外側で相手の突きを斜上外側に受けます。
2.上体は顔と左肩を若干右側へずらし突きの軌道を避ける感じにして受けます。


まずはこの足さばきを使わない動作を繰り返して練習して下さい。


3.続いて足さばきを加えます。1→2の動作と同時に半歩後ろに下がります。


※慣れるまではゆっくり行います。1→2のみを練習すると良いです。
※1→2に慣れてきたら、その後に足さばきを加えて練習をします。
※1~3の動作に慣れてきたら1~3を一挙胴で10本を早く行います。


【右上受け】
1.相手の面突きに対して右の前腕外側で相手の突きを斜上外側に受けます。
2.上体は顔と右肩を若干左側へずらし突きの軌道を避ける感じにして受けます。

まずはこの足さばきを使わない動作を繰り返して練習して下さい。

3.続いて足さばきを加えます。1→2の動作と同時に半歩後ろに下がります。



※慣れるまではゆっくり行います。1→2のみを練習すると良いです。
※1→2に慣れてきたら、その後に足さばきを加えて練習をします。
※1~3の動作に慣れてきたら1~3を一挙胴で10本を早く行います。



まずは下記の動画をしっかり見てください。
そのあとではじめはゆっくりと動作を確認して行い、
感覚がつかめてきたら少しずつスピードを上げていきましょう。


 現実で起こる犯罪や暴力トラブルに対し、
 いつ他人から危害を加えられても、それを
 自分で制して身の安全を守ることができる

 熊本UKT護身格闘術教室
 お問い合わせや体験ご希望の方は
 こちら↓↓からどうぞ!!


 

 電話でのお問い合わせ 

 
 月曜日が「格闘術」の練習日 
 ※月に3回(第3週目は休み)
 火曜日が「護身格闘術」の訓練日 
 ※月に4回

 場所:熊本市中央区の体育施設
 時間:19時30分~21時30分

 振替え日:第一木曜日、第三木曜日
 振替え日の時間:
 午前、午後、夜など自由に決められます。