格闘術の基本は、しっかりした拳の握り方と突き技です。突きは横打ち(フック)
のように円の軌道ではなく、最短距離を真っ直ぐにより早く突く技です。
そして、格闘術独特の突き方によって身体が小さな人、体力のない人でも大きな
撃力(突きのパワー)を生み出す事ができるのです。

ですから、まずは格闘術の基本をしっかり身に付けていくことを最重要視します。

基本がしっかり身につけば実際に防具を着装してからの防具稽古=殴り合いでも
格段の差をつけることになります。
逆にこの基本がしっかり身についていなければ防具稽古=殴り合いでは殴られっぱ
なしを意味するのです。

ですからしっかり独習稽古で構え方から突き方蹴り方、防御の仕方、足捌き・・
を繰り返し身に着くまで稽古に励んでください。

しかしながら独習稽古で行った技を実際に試す機会も必要です。
この試す事を行わなければ、本当に独習稽古に励んできた技が使えるのか
どうか?・・が分かりません。

だから、護身格闘術では定期的に対面稽古(一人ではなく相手がいる稽古の事)
も必須になっているのです。
これは非常に重要です。この防具稽古を行うと自分自身に自信もつきますし
それ以上に得るものが大きいです。
例え、うまく相手と戦えなかったとしても、これからの稽古の課題ができますし
防具稽古を経験するという事は、たった1回でも独習稽古の20倍の向上効果が
あります。どんなに辛いと思っても定期的に防具稽古(対面稽古)には進んで
参加するようにしてください。

それでは実際に防具稽古はどのようなものなのか動画でご紹介しますので
ぜひ、独習稽古のイメージに利用して下さい。

格闘術の防具稽古(格闘術のスパーリング)
↓↓


 現実で起こる犯罪や暴力トラブルに対し、
 いつ他人から危害を加えられても、それを
 自分で制して身の安全を守ることができる

 熊本UKT護身格闘術教室
 お問い合わせや体験ご希望の方は
 こちら↓↓からどうぞ!!


 

 電話でのお問い合わせ 

 
 月曜日が「格闘術」の練習日 
 ※月に3回(第3週目は休み)
 火曜日が「護身格闘術」の訓練日 
 ※月に4回

 場所:熊本市中央区の体育施設
 時間:19時30分~21時30分

 振替え日:第一木曜日、第三木曜日
 振替え日の時間:
 午前、午後、夜など自由に決められます。