格闘術の技には実に多種多様な種類があります。そして、その技を一気に全て習得するのではなく


・初心者で学ぶべき技
・中級者で学ぶべき技
・上級者で学ぶべき技


と段階的に学んでいく習得システムが格闘術の総合的な強さに繋がります。
はじめは欲張らずにレベル別に一つずつ確実に身に付けていくように心がけます。


それでは、どのような技の種類があるのか?項目別にご紹介します。


※当身技(あてみわざ)
当身技は格闘術主技です。打撃、蹴りの総称になります。


【打撃法】
1.突き———ボクシングのストレート(面部・胴部)
2.横打———ボクシングのフック(面部・胴部)
3.外打———空手の裏拳、バックハンドブロー
4.降打———日本拳法独特の打撃法で掌底部分で相手の脳天を打ち降ろす技
5.揚打———ボクシングのアッパー(面部・胴部)


【蹴法】
1.突蹴———一撃でノックアウトできる蹴り(空手の前蹴りに似ている)
2.揚蹴———相手の攻撃に対してカウンター蹴りとして使用する(空手の前蹴りに似ている)
3.横蹴———空手等と同じ横蹴り
4.廻蹴
5.後蹴
6.膝蹴
7.踏蹴———倒れた相手に上から面部、胴部へ踏み下ろす蹴り技
8.抑え膝蹴—–倒した相手を押さえつけて頭部、胴部へ膝蹴を入れる


※投げ技


【足脚技】
1.足払い 2.刈倒し 3.支足払い 4.大内刈り 5.体落し 6.小内刈り 
7.大外刈り 8.小外刈り


【腰技】
1.腰投げ 2.抱え込み払い 3.内投げ


【手技】
1.俵返し 2.巻き落とし 3.抱え投げ 4.捻り倒し 5.虚車 6.膝蹴り返し 
7.合わせ倒し 8.手払い


【肩技】
1.諸手刈り(タックル) 2.肩車 3.一本背負い


【捨て身技】
1.巴投げ 2.抱捨て身


※関節逆捕り技


1.逆手引き捕り 2.脇捕り 3.小手捻り捕り 4.逆手押え捕り 5.両手捕り 
6.腕がらみ 7.腕ひしぎ十字捕り 8.逆手引き捕り ・・・


※絞め技、肘打ちがあり
これに基本である【受け技】【躱技】【歩法】があります。
以上の技を・初心者・中級者・上級者で段階的に学んでいきます。まず初心者が学ぶのは
【打撃法】突き—ボクシングのストレート(面部・胴部)
【蹴法】突蹴、揚蹴、膝蹴、踏蹴、抑え膝蹴
【受け技】【躱技】【歩法】となります。


あせらず少しずつ段階を踏む事で確実に技は身に付いてきます。
がんばりましょう。


 現実で起こる犯罪や暴力トラブルに対し、
 いつ他人から危害を加えられても、それを
 自分で制して身の安全を守ることができる

 熊本UKT護身格闘術教室
 お問い合わせや体験ご希望の方は
 こちら↓↓からどうぞ!!


 

 電話でのお問い合わせ 

 
 月曜日が「格闘術」の練習日 
 ※月に3回(第3週目は休み)
 火曜日が「護身格闘術」の訓練日 
 ※月に4回

 場所:熊本市中央区の体育施設
 時間:19時30分~21時30分

 振替え日:第一木曜日、第三木曜日
 振替え日の時間:
 午前、午後、夜など自由に決められます。