格闘術の攻撃技(揚げ蹴り・膝蹴り・踏み蹴り)

当身技の中で突きのつぎに大切なのが蹴りです。格闘術の蹴り技は空手やキックボクシングとよく
似ていますが、少し独特でタイミングを合わせれば一発で倒せる破壊力が特徴です。
動画の順番通りに説明します。

【揚げ蹴り →前足・左の揚げ蹴り=待蹴り】
はじめに稽古するのが待蹴りです。これは相手が突いて来た瞬間に出鼻を蹴る技です。
カウンターで蹴りを合わせるので一発で倒れる事が多い技です。
だから後ろ足は動かさずに前足のみで蹴りこみます。

1.まず基本の中段構えから後ろ足に体重を乗せます。後ろ足重心です。

2.右足は動かさずに前足の膝頭をしっかりカイ込みます。膝を水平にする。

3.モモを水平にして、下から上へスネップを効かせて鋭く蹴る事。支持足膝を若干伸ばしてカカトを浮かせます。

※慣れるまではゆっくり膝をカイ込むで1、そこから蹴りこんで2、と2挙動にします。
※慣れてきたら最初に5本ゆっくり出し、次に10本を早く力強く1挙動で蹴ります。
【揚げ蹴り →後足・右の揚げ蹴り】

1.まず基本の中段構えから前足に体重を乗せます。前足重心です。

2.右足の膝頭をしっかりカイ込みます。膝を水平にする。

3.そして若干前足を踏みこみながらモモを水平にして、下から上へスネップを効かせて鋭く蹴ります。
中足を意識して遠くへ蹴る要領です。

※慣れるまではゆっくり膝をカイ込むで1、そこから蹴りこんで2、と2挙動にします。
※慣れてきたら最初に5本ゆっくり出し、次に10本を早く力強く1挙動で蹴ります。

【左右膝蹴り】
動画の通りに右足を引いて両手で相手の首を掴んでいる所を想定して構えます。
1.蹴りこみは両手を右下へ引きこむと同時に右膝を腰を入れて出します。
相手の頭を引きこみながら顔面部へ蹴ります。

同じく左足の場合も構えを逆にして行います。

※最初に5本ゆっくり出し、次に10本を早く力強く蹴ります。

【左右踏み蹴り】

1.はじめに平行立ちに構えます。(肩幅程度に両足を広げます。両手は鳩尾の前に軽く合わせます)

2.右足の膝頭をしっかりカイ込みます。

3.カイ込んだところから一気に踏み込みます。(相手の顔面部、胴部を踏み蹴ります)

※蹴りを当てる場所はカカトか足裏全体のどちらでも良いです。
※なるべく自分の身体の中心を意識して真中を蹴るようにしましょう。

※最初に6本ゆっくり出し、次に10本を早く力強く蹴ります。

まずは下記の動画をしっかり見てください。
そのあとではじめはゆっくりと動作を確認して行い、感覚がつかめてきたら少しずつスピードを上げていきましょう。


 現実で起こる犯罪や暴力トラブルに対し、
 いつ他人から危害を加えられても、それを
 自分で制して身の安全を守ることができる

 熊本UKT護身格闘術教室
 お問い合わせや体験ご希望の方は
 こちら↓↓からどうぞ!!


 

 電話でのお問い合わせ 

 
 月曜日が「格闘術」の練習日 
 ※月に3回(第3週目は休み)
 火曜日が「護身格闘術」の訓練日 
 ※月に4回

 場所:熊本市中央区の体育施設
 時間:19時30分~21時30分

 振替え日:第一木曜日、第三木曜日
 振替え日の時間:
 午前、午後、夜など自由に決められます。