kakutoh-2

格闘技で練習するスバーリングの基本についてお話し致します。
格闘技もボクシング、キックボクシング、柔術、空手、総合格闘技・・
その種類やルールによって基本も変わってきます。


ここでは格闘術のスパーリング(格闘術では防具稽古と呼びます。)の
基本についてお話したいと思います。

格闘術の防具稽古は、頑丈な面と剣道の胴のような防具と金的ガード、
拳法グローブを身に付けて闘います。


この防具はとても重くて、初心者の人は防具を着装しただけで
全く動けなくなってしまいます。
なにもしなくて、ただ動くだけでも疲れてしまいます。


その状態で行う防具稽古ですが
初心者、中級者、上級者のレベル別で行う心構えが異なります。


初心者の場合は、中級者・上級者に対して思い切りぶつかって行くように
心掛けて闘います。


同級者どうしの防具稽古の場合は、相撃ちのつもりで互いに果敢に突っ込んで
行くような心構えで戦います。


上級者が下級者を相手に行う防具稽古は、余裕を持って、しっかり目をきかして
下級者を全身で受け止めて、スキがあれば軽く叩く感じにするように
相手を引き立ててやる心構えで戦います。

これが格闘術の防具稽古で大切な基本の心構えになります。


どうしても防具稽古は力と力のぶつかり合いのような感じになりますが
このように上達のレベルに合わせて、心構えをしっかり意識して行わなければ
互いの技術向上に影響を及ぼしかねません。


そして一人稽古をしっかり行い、基本の技を身に付け
防具稽古に挑むことで上達も早くなります。

やはり防具稽古を行うにしても、どれだけ自主錬を努力するか?
技の研究をするか?で人と差をつける事ができるのです。

少しでも早く強くなりたいと思っている人は自主錬(独習稽古)
をしっかり相手を意識しながらがんばることです。


      ===============================
        ★感想やご質問があればお気軽に
        下記のフォームよりお問い合わせください★

        ⇒ http://gosinkakutoh.com/l/info.html
      ===============================


 現実で起こる犯罪や暴力トラブルに対し、
 いつ他人から危害を加えられても、それを
 自分で制して身の安全を守ることができる

 熊本UKT護身格闘術教室
 お問い合わせや体験ご希望の方は
 こちら↓↓からどうぞ!!


 

 電話でのお問い合わせ 

 
 月曜日が「格闘術」の練習日 
 ※月に3回(第3週目は休み)
 火曜日が「護身格闘術」の訓練日 
 ※月に4回

 場所:熊本市中央区の体育施設
 時間:19時30分~21時30分

 振替え日:第一木曜日、第三木曜日
 振替え日の時間:
 午前、午後、夜など自由に決められます。