kata



top


護身格闘術は何度もご説明致した通り、護身術と格闘術を合わせた
新しい考えのもとにつくりだされた暴力犯罪を前提においた日本武道です。


その中でも最も重要視するのが護身術と格闘術の稽古をする比率です。

これは私が長年護身術と格闘術の修練に励み、その中から体得したもっと
も重要な極意でもあるといっても過言ではありません。


この比率が護身格闘術の全てであり、これから護身格闘術の鍛練を行う全ての人が
認識しておかなければならない項目です。しっかりこの比率を認識したうえで稽古に励みましょう。


mukaeutsi


それでは護身格闘術の極意とも言える、護身術と格闘術の稽古をする比率です。
護身術3:7格闘術

これが護身格闘術の極意です。これまで私が築き上げてきた全ての強さの秘密なのです。




・護身術だけを学んでも本当の自信を就けたり暴力に対処する事はできません。
・格闘術だけを学んでも本当の自信を就けたり暴力に対処する事はできません。


護身術と格闘術をバランスよく学ぶ事で本当の自信が身に就き暴力に対しても対処する事ができ
るようになるのです。これにつきましてはこちらで説明していますので、もう一度ご確認ください。


「護身術と格闘術の両方をなぜ学ぶべきなのか?」


このバランスが崩れると、一方向に傾きすべてのバランスがおかしくなります。
稽古をする時間も技を身に付ける比率も、この『護身術3:7格闘術』を守る事が大切です。


しっかりと護身術の暴力犯罪に特化した暴力に対する正しい考え方や日々の心構え、行動、そし
て対処技術…を身に付けながら、格闘術の稽古で殴り合いの技術を学び普段の稽古で「本気で殴
り合い」を経験して暴力に対する疑似体験をしていきます。それにより暴力に対する免疫力が備
わります。


それによって実際に暴力犯罪に巻き込まれた場合!暴力に対する恐怖心が格闘術の稽古をしてい
る人としていない人と比べると実際に格段に差が出てきます。


ですから護身格闘術の極意は『護身術3:7格闘術』の稽古の比率にあるのです。


 現実で起こる犯罪や暴力トラブルに対し、
 いつ他人から危害を加えられても、それを
 自分で制して身の安全を守ることができる

 熊本UKT護身格闘術教室
 お問い合わせや体験ご希望の方は
 こちら↓↓からどうぞ!!


 

 電話でのお問い合わせ 

 
 月曜日が「格闘術」の練習日 
 ※月に3回(第3週目は休み)
 火曜日が「護身格闘術」の訓練日 
 ※月に4回

 場所:熊本市中央区の体育施設
 時間:19時30分~21時30分

 振替え日:第一木曜日、第三木曜日
 振替え日の時間:
 午前、午後、夜など自由に決められます。