このページには記事で紹介しきれなかった無料公開を試された方の声を掲載しています
(随時更新)

■年代を教えてください: 49歳
■格闘技経験: 空手6年目になります。

43歳からフルコンタクト空手を5年。首を痛め退会の後は、
中高年向けの合気道系空手道場でお世話になり1年が経とうとしております。
元々護身術には並々ならぬ興味がありましたので、
空手と並行して講習会やセミナーに参加して参りました。
幸い職場(学校)に護身術同好会があり、
カナダ人からアメリカン拳法をベースにした護身術を習っております。

■護身格闘術へなぜ?興味をもちましたか:

単純に、身を守りたい、自分で稼いだ金を簡単に奪われたくないという
プライドもあります。また、技術的には年齢の衰えをカバーするような
技術の習得がしたいという希望もあります。
空手はやはり空手ですし、合気道は合気道です。
それぞれ護身的側面はありますが、どうしても元のスタイルから
抜けられない面があります。
どれも護身に特化した内容とはなっておりません。
武道をやればやるほど武道よりも護身術に惹かれる自分がいます。

■今回の無料公開で役に立った事や学んで良かった事をなんでも
かまいませんので一言お願いします。:

護身術講座ですと、すぐに技術に入ることが多いのですが、
PDF「3つの心構え」のアドバイスは尊いです。
また、技術も痛みを与えるのではなく、さらっとかわす的なものが多く、
相手との対立を避けるというコンセプトが感じられて好感を持ちました。

■質問、ご要望等が御座いましたらなんでもかまいませんお寄せ下さい。:

定期的に講習会を開催して頂ければと思います。
但し、参加費はリーズナブルな設定でお願い致します。

————————————————————–

■年代を教えてください: 40代
■格闘技経験: なし
■護身格闘術へなぜ?興味をもちましたか:

今の自分は腕っぷしに自信がなく、ホームページに書かれていた、
殴り合いに強くなることですべてのことに自信と余裕がうまれるというところに共感し、
ぜひ護身術をやってみたいと考えています。

■もし護身格闘術を学ぶとしたら、どうなりたいですか?:

自分や自分にとって大事な人守るだけでなく、仕事、恋愛等その他のことにも
自信をもって取り組めるような人間になりたいです。

■護身格闘術を修練する事で、どのくらいの期間でなりたい自分になりたいですか?:

短期間で強くなれればそれに越したことはありませんが、
毎日少しづつ長く続けていきたいです。継続は力なりという言葉がありますから。

■今回の無料公開で役に立った事や学んで良かった事をなんでも
かまいませんので一言お願いします。:

21ページに書かれている「暴力トラブルに出くわす可能性は絶対にある」
の文章が印象に残っています。こちらは争う気がなかっても、
相手がトラブル起こす気があったらどうしようもないですから。
避けられない災難はあると思うのでぜひ、護身術を学びたいと思っております。

————————————————————–

■年代: 39歳
■格闘技経験: なし
■護身格闘術へなぜ?興味をもちましたか:

学生時代や社会にでてからも仕事や日常で危険なことや犯罪(主に恐喝、詐欺)
にでくわすことがあったので身を守る術を持ちたいと思ったから。
また、イーランニングや体験入門で護身術や武術に触れたみたが、納得できないため。

■もし護身格闘術を学ぶとしたら、どうなりたいですか?:

すくなくとも自分を大切に思えるようになりたい。

■護身格闘術を修練する事で、どのくらいの期間でなりたい自分になりたいですか?:

半年から1年くらい。

■今回の無料公開で役に立った事や学んで良かった事をなんでも
かまいませんので一言お願いします。(フリー11):

両手をさしだして「止まれ」と言葉を発し、さっさとその場から離れるやり方。
言葉を発するということは意思をつたえること、そして自分が動きやすくなるような気がするため。

■週に稽古ができる日数と1回あたりの練習可能な時間(フリー08):
土曜・日曜の仕事が休みの日、2~3時間くらい。
できるのなら毎日、練習したい。

————————————————————–

■年代: 30代
■格闘技経験(現在も続けているか?否か?):
柔道 3年
総合格闘技 1年

続けていない

■護身格闘術へなぜ?興味をもちましたか:
親父狩りにあわないように

■もし護身格闘術を学ぶとしたら、どうなりたいですか?:

自分と家族が守れるように。

■護身格闘術を修練する事で、どのくらいの期間でなりたい
自分になりたいですか?:

1年

■あなたがいま護身格闘術以外でやってみたいことがありますか?:
芦原空手

■週に稽古ができる日数と1回あたりの練習可能な時間:
週2回

■今回の無料公開で役に立った事や学んで良かった事を
なんでもかまいませんので一言お願いします。:

胸倉・手首をつかまれたときの回避対処方法がわかりやすくて良かったです。

————————————————————–

■年代: 66歳
■格闘技経験(現在も続けているか?否か?):

少林寺拳法 大学時代 少林寺拳法部に所属。
その後約45年何もしていない。

■護身格闘術へなぜ?興味をもちましたか:

年齢とともに、体力が無くなり、自分と家族を守る
自信がなくなってきたため。

■もし護身格闘術を学ぶとしたら、どうなりたいですか?:

自分と家族を守りたい。

■護身格闘術を修練する事で、どのくらいの期間でなりたい自分になりたいですか?:
なるべく早く、数か月で。

■あなたがいま護身格闘術以外でやってみたいことがありますか?:
杖術。

■週に稽古ができる日数と1回あたりの練習可能な時間:
毎日できる、一時間。

■今回の無料公開で役に立った事や学んで良かった事をなんでもかまいませんので
一言お願いします。:

一般的な護身術は、使えるものと、そうでないものがあり分かりにくい。
掌底は知っていたが、こんなに効果的とは思わなかった。