日本拳法は、喧嘩最強の格闘技なのか!?についてお話しいたします。
私の道場には、実に様々な人たちが無料体験に来ます。
そして、中には他の格闘技を経験している人もいて
昔あったような道場破りのような感覚もありました。

無料体験なので、当然、基本稽古から行うのが筋です。
しかし、そのような人たちは基本稽古はやりたくない
スパーリングだけやりたい…といった申し出が多い。

だから、初めての人は怪我をしたりするといけないので
それが目的だったら帰ってください。とお願いする。

だったら・・・と、基本稽古もやるのでスパーリングをしたい。
という。

しょうがないので何度か、日本拳法の防具をつけさせて
日本拳法ルールで防具稽古(スパーリング)を行ったことがある。

しかし、、、結果は当然!日本拳法経験者の方が圧勝です。
それは当り前のことで、私たちは普段の稽古でも防具を着装して
本気でガンガン殴りあいますから。

他の格闘技では、このように毎日毎日本気でガンガン殴り合う
なんてことはしないですからね。

そして、そのように仕掛けてくる他の格闘技経験者の方が
スパーリングを終えて質問されるのは
「日本拳法は、喧嘩に近い最強の格闘技と聞きました・・・」
そんなことが気になるみたいなんですね。

でも喧嘩と格闘技は次元が違いますから
「日本拳法は、喧嘩に近い最強の格闘技」なのか?
と問われると何とも答えずらいのですが、実際に日本拳法は
警察の逮捕術や自衛隊の徒手格闘技のベースになっている武道ですし
私自身も色んな格闘技を経験してきましたが、より実戦に一番近い
格闘技は日本拳法だと思います。

そのように答えると安心したように自分がスパーリングで思うように
戦えなかった言い訳に納得したようにうなずいて帰っていきます。
そして、その日本拳法をより暴力犯罪を意識して作ったのが護身格闘術です。
だから、護身格闘術は日本拳法をベースに護身術を組み合わせた
新しい実戦武道です。

これからの暴力犯罪に備えるためにも、なにか身につけておくことが
世を生き抜くための必要な手段なのではないでしょうか。。。


 現実で起こる犯罪や暴力トラブルに対し、
 いつ他人から危害を加えられても、それを
 自分で制して身の安全を守ることができる

 熊本UKT護身格闘術教室
 お問い合わせや体験ご希望の方は
 こちら↓↓からどうぞ!!


 

 電話でのお問い合わせ 

 
 月曜日が「格闘術」の練習日 
 ※月に3回(第3週目は休み)
 火曜日が「護身格闘術」の訓練日 
 ※月に4回

 場所:熊本市中央区の体育施設
 時間:19時30分~21時30分

 振替え日:第一木曜日、第三木曜日
 振替え日の時間:
 午前、午後、夜など自由に決められます。