金的攻撃の方法を教えてくださいという質問が届いたので
早速、金的攻撃の方法についてご説明いたします。

金的攻撃というのは、我が格闘術でも軽く当てる程度であれば
試合でも認められています。そして、実際の試合ではかなりの確率で
金的攻撃で1本を取るシーンが見られます。


これはなぜかと申しますと…


格闘術には返し蹴りという技が結構な頻度で使われるためです。
では、この返し蹴りについて説明致します。


相手が蹴ってきた足を下から手首で掬い取ります。(掬い受けと言います)
その掬った手の上からもう片方の手の平で押さえます。(巴受けと言います)


kaesigeri


そこからしっかり相手の足首を固定して瞬時に金的へ蹴り込むのです。


これが返し蹴りと言います。
この返し蹴りを得意とする人は多くいて、特に小柄な人の方が得意のようです。
大柄の人は巴受けから投げへ繋ぎますので…


また、投げによって倒れた相手に上から踏み蹴りと言って
金的を攻撃することも認められています。

以上が格闘術での金的攻撃の方法でしたが、次に護身術の観点からみた
金的攻撃の方法をご説明致します。



金的攻撃は的が小さいので非常に難しい技です。

ですから基本的には護身術で金的攻撃は使わない方が良いのです。
巷の護身術指導では金的を狙いましょうと紹介されたりしますが
実際にやってみたら分かります。難しいです。

ですから護身術として金的攻撃をしようとはあまり考えない方が良いと思います。
しかしまったく護身術では使えないのか?と言いますと、そんなことはないです。

これは色んな心理的な要因も関係するので一言でこうですよ…
と説明するのはここでは難しいのですが


心理的な面を省略して、簡単に説明するならば…


相手の顔へフェイントをして金的攻撃です。

例えば、手に持っている物を顔へ投げて金的攻撃を行うとか…です。


金的だけを狙って攻撃しても当たらないと思ってください。
金的攻撃は格闘には向いていますが護身術には向いていません。


蹴り-d

蹴り-c

蹴り

蹴り-b


どうぞ参考になさってください。


 現実で起こる犯罪や暴力トラブルに対し、
 いつ他人から危害を加えられても、それを
 自分で制して身の安全を守ることができる

 熊本UKT護身格闘術教室
 お問い合わせや体験ご希望の方は
 こちら↓↓からどうぞ!!


 

 電話でのお問い合わせ 

 
 月曜日が「格闘術」の練習日 
 ※月に3回(第3週目は休み)
 火曜日が「護身格闘術」の訓練日 
 ※月に4回

 場所:熊本市中央区の体育施設
 時間:19時30分~21時30分

 振替え日:第一木曜日、第三木曜日
 振替え日の時間:
 午前、午後、夜など自由に決められます。