日本拳法(格闘術)最強と言われる所以は防具にあると言えます。
 

基本の突き、蹴り、足捌き、体捌き、躱し技等の練習を一通り終えた後に防具稽古を行います。
防具稽古にも色々な種類があります。まず打ち込み稽古を行います。
相手に対して面突き→胴突き→待ち蹴り→揚げ蹴り等を打ち込んでいきます。
 

つぎに形稽古を行います。
日本拳法(格闘術)の基本の形を防具をつけたまま行います。これにより間合いや当てる感覚、足
捌き等が身に就くのです。
 
それから空乱稽古を行ったり、組技、寝技の稽古も行います。
最終的に自由防具稽古を行います。
 
このように一言で防具稽古といっても色んな稽古方法が存在するのです。
そして、そのどれをとっても日本拳法(格闘術)には外せない稽古法なんです。
これによって実際に殴り合いで大切な突く、打つ、蹴る、掴む、投げる、絞める、関節を決める、
防御する、捌く、躱(かわす)・・・の戦闘感覚を掴んでいくんです。
 

特に自由防具稽古は他の格闘技にはない、常に本気で殴り合いをすると言った過激な稽古です。
しかし頑丈な防具を着装しているので、ケガ等もなく安全に稽古が行えます。
 
そしてこの自由防具稽古こそ、日本拳法(格闘術)最強と言われる所以なのです。
 


 現実で起こる犯罪や暴力トラブルに対し、
 いつ他人から危害を加えられても、それを
 自分で制して身の安全を守ることができる

 熊本UKT護身格闘術教室
 お問い合わせや体験ご希望の方は
 こちら↓↓からどうぞ!!


 

 電話でのお問い合わせ 

 
 月曜日が「格闘術」の練習日 
 ※月に3回(第3週目は休み)
 火曜日が「護身格闘術」の訓練日 
 ※月に4回

 場所:熊本市中央区の体育施設
 時間:19時30分~21時30分

 振替え日:第一木曜日、第三木曜日
 振替え日の時間:
 午前、午後、夜など自由に決められます。