逮捕術を護身術として一般の人が気軽に使えるようになるのか・・・?
よくネットサーフィンをしていると警察が訓練する逮捕術を護身術として習いたい
と言った意見を見かける事があります。
 

確かに警察の逮捕術をイメージすると凶悪犯をも制圧する。
これぞ最高の護身術ではないか・・?
 

などとイメージしてしまいがちですよね。
しかし警察の逮捕術、その目的は、犯人から武器を奪い加撃をせずに制圧し、
身体の自由を奪い手錠をかけ連行する基本動作の修得なのです。
 

ようするに犯人を逮捕し警察署へ連行するための技術が逮捕術なのです。
 

この逮捕術を一般人が護身術として使う事が出来るのか?
と言う事なのですが、それは根本的にその目的の趣旨が異なります。
ですから警察の逮捕術を一般人が護身術として気軽に使えるようになるのか・・?
と言った意見は、不可能だと判断します。
 

一般人が暴力トラブルに巻き込まれた場合に、その相手に加撃をせずに制圧し
手錠をかけて連行する・・と言う事は絶対にあり得ません。
だから一般人は逮捕術を学ぶ必要はありません。
 

やはりしっかりとした護身術を学び修得すべきだと思います。
 

実際の逮捕術稽古は、柔道着を着て面、胴、股当て、小手の防具を付けて戦います。
その様子は空手や合気道に似ていますが、いろいろな格闘技の要素がミックスされている
実戦的格闘技です。
 

そして、そのベースになっているのが私の指導する日本拳法なのです。
 

また、その日本拳法からより現実の暴力犯罪に特化した格闘術と護身術を組み合わせた
新たな武道が護身格闘術なのです。
 

警察官の逮捕術に興味があるのであれば、一度「護身格闘術」を学んでみてください。
記事下のバナーで無料公開していますので、ご利用頂ければと思います。
 

これからは確実に護身術は必要になってきます。
思い立ったら吉日と言われるように実際にやってみるべきだと思います。
 


 現実で起こる犯罪や暴力トラブルに対し、
 いつ他人から危害を加えられても、それを
 自分で制して身の安全を守ることができる

 熊本UKT護身格闘術教室
 お問い合わせや体験ご希望の方は
 こちら↓↓からどうぞ!!


 

 電話でのお問い合わせ 

 
 月曜日が「格闘術」の練習日 
 ※月に3回(第3週目は休み)
 火曜日が「護身格闘術」の訓練日 
 ※月に4回

 場所:熊本市中央区の体育施設
 時間:19時30分~21時30分

 振替え日:第一木曜日、第三木曜日
 振替え日の時間:
 午前、午後、夜など自由に決められます。