護身用ナイフを携帯所持するという話を平気でする人がいますが、それは絶対にやってはいけま
せん。日本の法律では認められていないのです。
 

はさみやカッターナイフも持っているだけで、取締りの対象になることもあるのです。
「刃体の長さが短いと銃刀法違反にはならない」と考えている人もいるようなのですが
これも銃刀法違反に該当しなくても、軽犯罪法という法律で取締りの対象になる場合もあります。
 

ようするに正当な理由がないのに刃物を持ち歩くこと自体が法律で禁止されているのです。
また護身用ナイフだから携帯所持している。という理由も当然法律違反です。
 

そもそも常識で考えてみても「犯罪に巻き込まれたからナイフで刺した。」
という理由は考えられません。正当な理由にはならないのです。
 

護身用ナイフだから携帯所持しても良いという理由にならないのです。

これはナイフ自体を普段から携帯所持すると言う事は、人に危害を加える可能性がある
と言う事です。
 

正当な理由というのは
正当な理由がないのに、すぐに使用できる状態で持ち歩くと取締りの対象となり。
はさみやカッターナイフ等の文房具でも例外はありません。
 

やはりナイフは凶器となりえる道具ですが護身用には絶対になりえません。
だからこそ私は本当に護る力を身に付けるために「護身格闘術」を形にしたのです。
 

もう一度言いますが、ナイフは絶対に持ち歩かないでください。
持っているだけで気持ちが大きくなります。
そして護身どころか余計なトラブルにさえ巻き込まれる可能性もあるのです。


 現実で起こる犯罪や暴力トラブルに対し、
 いつ他人から危害を加えられても、それを
 自分で制して身の安全を守ることができる

 熊本UKT護身格闘術教室
 お問い合わせや体験ご希望の方は
 こちら↓↓からどうぞ!!


 

 電話でのお問い合わせ 

 
 月曜日が「格闘術」の練習日 
 ※月に3回(第3週目は休み)
 火曜日が「護身格闘術」の訓練日 
 ※月に4回

 場所:熊本市中央区の体育施設
 時間:19時30分~21時30分

 振替え日:第一木曜日、第三木曜日
 振替え日の時間:
 午前、午後、夜など自由に決められます。