警察が指導する護身術は、逮捕術がベースになっています。そして逮捕術は格闘術である日本拳
法がベースになっているのです。また自衛隊の徒手格闘技も日本拳法がベースになっているので
す。警察官の職務は被疑者や現行犯人等を制圧・逮捕・拘束・連行するための術技のことである
とウィキペディアにも説明されています。
 

ウィキペディアより引用:逮捕術
 

そして自衛隊は戦場での戦いを前提に格闘術を学びます。
このように格闘術の技術が採用されているのは、その実践性がなにより高い事にあります。
合気道や柔道、剣道も警察学校で指導されていますが、その技術の実践性はやはり格闘術が一番
であると思います。
 

近年、暴力犯罪が増加し警察署によっては護身術の指導を行っているところもあります。
警察護身術は、逮捕術がベースになっているらしいのですが、実際には護身術は逮捕術とは別に
考案されているようです。
 

警察護身術はよく現実の暴力犯罪を研究されているなと思います。
どうしても暴力トラブルに関わった事のない一般市民が、現実の暴力トラブルに対応する技術と
なると限られてきます。格闘家の方が指導されるような護身術だと全く経験のない一般市民には
使う事は困難だと思います。
 

そして、技術そのものを習得するよりも現実の暴力に対する現実や考え方、備え…
これらをしっかり心得ておかなければ、護身術を使う事は不可能です。
 

まずそのような現実の暴力トラブルを知り、恐怖心レベルがどの程度のものか?しっかり理解し
てから護身術の技術習得を行わなければなりません。


 現実で起こる犯罪や暴力トラブルに対し、
 いつ他人から危害を加えられても、それを
 自分で制して身の安全を守ることができる

 熊本UKT護身格闘術教室
 お問い合わせや体験ご希望の方は
 こちら↓↓からどうぞ!!


 

 電話でのお問い合わせ 

 
 月曜日が「格闘術」の練習日 
 ※月に3回(第3週目は休み)
 火曜日が「護身格闘術」の訓練日 
 ※月に4回

 場所:熊本市中央区の体育施設
 時間:19時30分~21時30分

 振替え日:第一木曜日、第三木曜日
 振替え日の時間:
 午前、午後、夜など自由に決められます。