munagura

胸倉をつかむ行為で傷害罪や暴行罪になるのか!?と言った疑問ですが
これは立派な暴行罪になるということを認識してください。


巷の些細なことから口喧嘩へ発展します。
しかし口喧嘩までは互いに罪に問われるような事はありません。
(もちろん夜間や場所次第では、罪に問われる場合もあるかもしれませんが・・)


口喧嘩からさらに感情が高ぶってくると掴み合いに発展します。
とくに相手の胸倉をつかむ行為がよく見受けられます。
でも相手を殴っていないから暴行はしていない・・
と主張をしても実際には胸倉をつかむ行為は、暴行罪が適用されるのです。


人間と言うのは感情の生き物です。
どうしても自分の意思に反する行為等があると「カッ!」となってしまいがちです。

暴行罪とは、相手方に対し「暴行」を加えることを内容とする犯罪です。
暴行罪における「暴行」と言う規定は、人の身体に対する物理力の行使をいいます。


刑法の規定上、「傷害」に至らない「暴行」は「暴行罪」とされます。
殴ったり蹴ったりすることだけだと思われがちですが、
他人の身体に不同意な物理的影響を与える行為全般なので
相手の服を引っぱったり、つかんだりする行為も「暴行」とされるのです。


では「胸ぐらをつかむ」行為は刑法上の「暴行罪」の適用があるのは事実ですが、
「逮捕されるか否か」については「犯罪の成立」による警察の判断が大きく作用します。


結局警察の判断にかかっているわけです。
しかし相手から「被害届」が出されれば任意の事情聴取等を行ったうえで
警察側が判断するものと思われます。

ただ一つ言える事は些細なことが原因で互いの感情が高ぶるような場合は
大きな問題に発展する事が多いと言う事です。


だから自分の感情が高ぶる前に対処する事が肝要になってきます。
つまりイライラや怒りの感情が絶頂を迎える前にその場を一旦離れるべきです。
そして深呼吸をして一度、冷静になれるようにしてください。

これは護身術を考えた場合には、事が起きてから対処する技術よりも
その前に対処する技術を習得する事が第一だと考えます。


普段の生活で起こる感情の起伏をコントロールする技術を学びましょう。


===============================
★感想やご質問があればお気軽に
下記のフォームよりお問い合わせください★

http://gosinkakutoh.com/l/info.html
===============================


 現実で起こる犯罪や暴力トラブルに対し、
 いつ他人から危害を加えられても、それを
 自分で制して身の安全を守ることができる

 熊本UKT護身格闘術教室
 お問い合わせや体験ご希望の方は
 こちら↓↓からどうぞ!!


 

 電話でのお問い合わせ 

 
 月曜日が「格闘術」の練習日 
 ※月に3回(第3週目は休み)
 火曜日が「護身格闘術」の訓練日 
 ※月に4回

 場所:熊本市中央区の体育施設
 時間:19時30分~21時30分

 振替え日:第一木曜日、第三木曜日
 振替え日の時間:
 午前、午後、夜など自由に決められます。