特殊警棒を護身用具として使いたいと言う人がいるようですが、
実際に特殊警棒を護身用具として使う事ができるのかどうか?
という問題についてお話します。

まず護身用具として使うことができるかどうか?という問題も

 ・使用して良いかどうか?
 ・実際に上手く使えるかどうか?

この2点があります。

ここでは、「実際に上手く使えるかどうか?」については割愛し
「使用して良いかどうか?」についてお話ししていきます。

これは意外としっかり把握している方は少ないと思います。
日本国内でも護身目的、防犯目的として実際に販売されています。

ですから一般の人は所持しても良いと思ってしまいますよね。
しかしこれも法律との関係が存在します。
そして、このような物を購入したり所持すること自体は合法とされています。

しかし・・・

みだりに持ち歩くと凶器を携帯しているとされ、軽犯罪法違反や、凶器準備集合罪
としての疑いが生じる。と言う理由から警察官の職務質問等で所持がわかった場合は
ほとんどの場合が、提出(没収)を求められたり、警察官によっては現行犯として
拘束されたり、送検や書類送検までもされる場合がありえるのです。

この警察官の判断も、やはり見た目や接し方で判断するしかないので
誤解を招くような事もあるのが現状です。
要は所持自体は合法でも警察官に所持がわかると非合法にされると思っておいた方が良いです。

結果として特殊警棒は護身用具として所持したくても現実では非合法扱いとされるため
所持自体をすることは難しいのが現状です。

ですから特殊警棒は護身用具として所持しない方が良いです。


 現実で起こる犯罪や暴力トラブルに対し、
 いつ他人から危害を加えられても、それを
 自分で制して身の安全を守ることができる

 熊本UKT護身格闘術教室
 お問い合わせや体験ご希望の方は
 こちら↓↓からどうぞ!!


 

 電話でのお問い合わせ 

 
 月曜日が「格闘術」の練習日 
 ※月に3回(第3週目は休み)
 火曜日が「護身格闘術」の訓練日 
 ※月に4回

 場所:熊本市中央区の体育施設
 時間:19時30分~21時30分

 振替え日:第一木曜日、第三木曜日
 振替え日の時間:
 午前、午後、夜など自由に決められます。