掌底打ちは護身術に効果的な技だと確信しています。
これは掌底打ちと握り拳で殴る場合と比較するとわかるのですが、
握りこぶしで殴るとしっかり当所(あてどころ)を相手に命中させなければ、
こちらが大きなダメージを負ってしまいます。


また同じようにしっかり握り込んでいなければ相手を倒す事は難しく、
こちらがケガをします。しかも極限の状況下で無意識に行わなければならないのです。
それは格闘術の経験がない人には、とても難しいです。
それとは逆に掌底打ちはとっさの場面でも、打ち方さえしっていれば
ためらわず出す事が可能です。


これは私が護身格闘術の基本として「とっさの受け」を必ず伝授するのですが
この「とっさの受け」は偶々私がトラブル現場で刃物で向かってきた相手に出た技なのです。
「とっさの受け」をご覧になられるとわかると思うのですが
その時は瞬時の事で、本当にとっさに反応したのが「とっさの受け」です。

top

相手の攻撃を防御する

そして、この時に掌底の指先が相手の目に入りました。
それで相手は視界を無くしたので次の制圧へスムーズに動く事ができたのです。

ですから掌底打ちは護身術にとっては、とても効果的な技だと確信しています。
実際に何度か私の説明を見て練習してみてください。

掌底打ち方

掌底打ち方横

掌底の打ち方

何度も何度も反復練習する事で脳と身体が覚えます。
そしたらその技は「イザ!」と言う時に瞬時に反応できるようになるのです。

ぜひ、練習をして自分のものにしてください。


 現実で起こる犯罪や暴力トラブルに対し、
 いつ他人から危害を加えられても、それを
 自分で制して身の安全を守ることができる

 熊本UKT護身格闘術教室
 お問い合わせや体験ご希望の方は
 こちら↓↓からどうぞ!!


 

 電話でのお問い合わせ 

 
 月曜日が「格闘術」の練習日 
 ※月に3回(第3週目は休み)
 火曜日が「護身格闘術」の訓練日 
 ※月に4回

 場所:熊本市中央区の体育施設
 時間:19時30分~21時30分

 振替え日:第一木曜日、第三木曜日
 振替え日の時間:
 午前、午後、夜など自由に決められます。