刃物の対処方法について説明していきます。
その前に必ず⇒刃物を所持して使用すると言う事はどういうことか?をご覧になって下さい。
 

上記の説明をご覧になったうえで話を進めます。
 

刃物を手にした相手に遭遇するのは特殊な職業の人を除き、まず確率的にはかなり低い確率です。しかし、近隣トラブルや金銭トラブル、友人間のトラブル等の人間関係が原因のトラブルに遭遇した・・・という人は
 
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 
どうでしょうか!?
ほとんどの人が経験があると答えるのではないでしょうか?
 

ですが・・・
 
実際に人間関係絡みのトラブルから殺傷事件に発展した事件は、もの凄く多く発生しています。
ですから刃物を手にした相手に遭遇するのは、確率的にはかなり低い確率でも
 
「いつ、そのような状況に遭遇してもおかしくないんだ」
 
といった心構えは持っておく必要があります。
これは、刃物だけに限定して言っているのではなく
 

・大麻や覚せい剤などの薬物への注意!
 
・詐欺などへの注意!
 
・テロなどへの注意!
 
・災害への注意!
 
・拳銃犯罪への注意!
 
・・・
 

様々な犯罪や災害への心構えは持っておく必要があります。当然これら全ての犯罪に
「常時ピリピリしなさい」と言っているのではありません。
 

これに関してお話しをするには長文になってしまいますのでここでは割愛致しますが
先に話しました通り、安易な気持ちでナイフや包丁を手にする人がほとんどなのです。
 

繰り返しますが、そのような場面に遭遇したら
 
→まず相手の心情を読み取り
 
→「相手に刃物を使わなければならない状況へ追い込まない事」です。
 

個人間のイザコザで刃物沙汰になった場合はとにかく言動、行動には十分注意して下さい。
 

毅然とした態度をとりつつ、相手を挑発するような発言は慎み相手の意思で、刃物を手から
離させる事です。
 

この対処には
 

1.自分自身の興奮や感情、恐怖心を最小限に抑える事!
 
2.相手の心情を読む事!
 
3.機転を利かせる事!
 

が必要になります。ですから、刃物の対処方法はこの三つをしっかり身につけることです。
 

それらのテクニックを身につけるにはまず、刃物になれる事です。
実際に使った事がなければ、その物がどういった使い方をするのか?
 
どのような事に注意すべきなのか?
 
その怖さは・・・?
 

このような事を知る事はできません。
 

ですからまず
 

普段の生活に刃物を取り入れる事!
(料理をしたり、鉛筆を研いだり、庭木の剪定をしたり、ハサミやカッターナイフを使う)
 
そして普段から刃物を使い慣れる事!からはじめて下さい。
 

次に相手の心情を読み取るには普段の日常生活で身につける事が出来ます。
 

その訓練法は、
 

「気づかい」と「観察」です。
 

家族や同僚、友人、知人、他人に対して
こちらから先に相手の感情を察知して「心遣い」をする。
 

例えば、
 
自分の子供が誕生日に、どんな物を欲しがっているのか!?
 
奥さんに元気がなかったら、なぜ元気がないのか考え、行動を起こす!
 
友人から電話やメールが来たら、その内容から
悩みや考えを読み取って、一緒になって解決する!
 
 ・
 ・
 ・
 
このように普段の生活の中に「気づかい」と「観察」を取り入れて下さい。
 

そうする事で、相手の喜びや悲しみ、怒りなどの感情が分かるようになってきます。
 

三つ目の機転を利かせる方法
 

これも「気づかい」と「観察」で臨機応変の対応を心がけてさえいれば
自然と身に付いてきます。
 

その「気づかい」と「観察」にプラスしてクロスワードなどのクイズ誌をやってみるのも
いい訓練になります。
 

とにかく個人間のイザコザで刃物沙汰になった場合は
 
「相手に刃物を使わなければならない状況へ追い込まない事」
 
を第一に考え
 
毅然とした態度で、相手を挑発するような発言、行動は慎み相手の意思で、
刃物を手から離させる事に集中する事です。
 

あくまでも、
 
相手が袈裟切りに切り付けてきたらこうするあーする。
相手が下から突きさしてきたらこうするあーする。
 
というのは二の次、三の次です。
 

そのようなテクニックを身につける前に
 
1.自分自身の興奮や感情、恐怖心を最小限に抑える事!
 
2.相手の心情を読む事!
 
3.機転を利かせる事!
 

このテクニックを磨く事が最善の対処法だと言えます。
それが身についたら⇒護身術入門編へ進んでください。


 現実で起こる犯罪や暴力トラブルに対し、
 いつ他人から危害を加えられても、それを
 自分で制して身の安全を守ることができる

 熊本UKT護身格闘術教室
 お問い合わせや体験ご希望の方は
 こちら↓↓からどうぞ!!


 

 電話でのお問い合わせ 

 
 月曜日が「格闘術」の練習日 
 ※月に3回(第3週目は休み)
 火曜日が「護身格闘術」の訓練日 
 ※月に4回

 場所:熊本市中央区の体育施設
 時間:19時30分~21時30分

 振替え日:第一木曜日、第三木曜日
 振替え日の時間:
 午前、午後、夜など自由に決められます。